京都幼児教室 ホーム
本部・四条教室 075-344-5013  西賀茂教室 075-492-8811
全体情報 幼児教室 保育部 託児部 郊外学習 課外講座 問題集販売 お問い合わせ お役立ち
トピックスアルバム卒園生だより

「第22回 京都チャリティ・ファンラン」
  マラソン大会 完走証・絵日記・ご感想

2008年6月3日掲載
みなさま、完走おめでとうございます!!
  平成20年6月1日(日)、昨年に続き、有志を募ってマラソン大会に参加しました。2.5kmを元気いっぱい駆け抜けた子どもたち。一緒に参加してくださった保護者の方も気持ちの良い汗をかいていらっしゃいました。
主催者から頂いた完走証を、ここに掲載させて頂きます。
  ※この時の記録は、京都きらら学園「アルバム」のページに掲載させて頂きました。


<第22回 京都チャリティ・ファンラン完走証>












みんなが絵日記を描きました!

    
  



参加された皆様から頂いたご感想

みんなで励ましあいながら走れて楽しかったです。
今までの娘だったら途中でダラダラと、走らずに歩いてしまっていたと思います。2ヶ月で苦しくても、頑張る力が付いたのだと思います。
良いお天気に恵まれて、昨年に引き続き2回目の参加となりました。わたしども親子にとっては昨年の大泣きしてゴールした娘のリベンジを今年こそは!! と思う反面、また泣いたらどうしようか…とドキドキのスタートとなりました。しかしながら、親の心配などどこへやら、子どもはみんなスタコラサッサと走り出し、結局遅れることも脱落することもなくゴール! 日々のローテーションのお陰です。大人はひどい筋肉痛に今も苦しんでいますが、来年も参加できたら嬉しいな…と思います。
昨年に続いて2度目の参加をさせて頂きました。普段仕事をしているので、子どもとの関わりの時間を多く持つために、なるべく親子で参加できるものには参加したいと考えているのも、参加理由のひとつです。しかしながら、小1の娘、年中の息子と2人の成長を改めて感じました。特に息子は3度コケました。「もうイヤ。もうアカン。」と歩いて亀を見いていました。そこへ安田先生が来られ「ナオ、走れ!!」と言われ、ふと見ると、息子が走り始めました。今までは、聞こえているのか聞こえていないのか分からない、無反応な息子が走り始めました。ビックリして追いかけましたが、しばらくは追いつけない程スピードを出していました。でも、出血しているところが痛いらしく、再度歩き出しましたが、一度も抱っこはせがみませんでした。こんな風に成長を感じられる時間をありがとうございました。
マラソン大会、ちょっときつかったので泣きました。おかあさんが、おしえてくれてうれしかったです。
たんぽぽのときより、9分はやくはしれました。やったー。
昨年に引き続き2年連続の出場で、2人の子どもも少々余裕で走る事が出来ました。親子で同時にゴールする喜びは、走った者だけが味わえることです。言葉では伝えられません。1年でタイムもかなり縮まり、この1年の体力をあらためておどろかされました。来年息子は5kmにチャレンジ!!で頑張ります。運動面での自信も、かなりつくようです。
ランニングコースの中、亀の甲羅干し、アヒル、ものすごく大きな鯉がいて、散歩か?マラソンか?という感じで、天気にも恵まれとても気持ちよかったです。去年は走れなかった(お父さんのおんぶで完走した)息子が、今年は安田先生にリードしていただき、1人で走れたこと。娘が随分タイムを縮めたこと。走り終わった後、疲れた様子もなく走り回る子ども達を見て、随分成長したんだなあと感じました。


一覧のページへ ページ上部へ戻る