京都幼児教室 ホーム
本部・四条教室 075-344-5013  西賀茂教室 075-492-8811
全体情報 幼児教室 保育部 託児部 郊外学習 課外講座 問題集販売 お問い合わせ お役立ち
高嶋喩先生 園長先生からのお話先生方からのアドバイス受験をお考えのご両親へぬりえ・迷路WEB絵本

「子どもの遊び」を考える


これはある幼稚園の先生が書かれた文章です。

~私はときどき遊具のない公園に、何も持たずに子ども達を連れて行って、「お帰りって言うまで遊んでていいよ」と言いました。子どもは最初ぼーっとします。でもそのうち遊び慣れている子がほんのちょっとした違いを見つけて、例えば、ただの広い芝生に少しの段差を見つけたり、日蔭と日向に分かれて遊び始めます。それから、ただ走ったり、走るのに飽きてくると競争を始めたりと、少しずつ工夫していくのですが、そうした体験をしていない子どもが増えているのではないかなと思います。~

 私はこの文章を読み、確かにそうだと納得しました。以前では子どもが当たり前に体験していたであろう事が、最近では、体験し難い事になっています。この子どもの遊びの環境の変化について考えてみたいとみました。

 「子どもは遊びの天才」という言葉をよく耳にします。私自身、子ども達の発想豊かな遊びにはいつも驚かされます。最近では、運動で使う三角コーンを倒し、2つつなげた物を押し、車に見立ててとても楽しそうに走っている子どもを目にしました。大人ではまず思いつかない遊び方だと思いました。子どもが遊ぶ為に作られたおもちゃでない物を、いとも簡単におもちゃにしてしまう。そんな力を子ども達は持っています。私の子どもの時を思い起こしてみても、おままごとセットで遊ぶのも大好きでしたが、ただの空き地で、雑草を採ってはほうれん草に見立てたり、それを枯れ草で束にして八百屋さんごっこの売り物にしたりと飽きずにしていました。けれども、最近では「好きな遊びを見つけられない」「先生が遊びを差し出してくれるのを待つ」という子どもが増えているそうです。それはなぜでしょうか。私は、原因の1つは、テレビゲームや豊富すぎるおもちゃなど、子どもが自ら遊びを見つけなくても、充分に楽しめてしまう環境が広がっている為と考えます。

 子どもが主体的に好きな遊びを見つけ、発展させていく力は、子どものその後の成長、学習への意欲や、姿勢にも繋がる、人にとって大切な力です。その力を子どもが自然に得られなくなっているのは心配な事です。

 子ども達を取り巻く環境は、日々変化しています。その変化が良いものであれ、悪いものであれ、当たり前になっていき、変化自体にも気付きにくいことが多いのですが、これは自然な事です。しかし、今後の子ども達の成長を考える時、大人が少しでも意識を持ち、遊びの環境を見つめなおす事で、子どもが本来持っている創造力がより発揮できる場面を多くしてあげることが出来ると考えています。

 

 
京都幼児教室 矢原先生より  2008年8月 掲載
一覧のページへ ページ上部へ戻る