京都幼児教室 ホーム
本部・四条教室 075-344-5013  西賀茂教室 075-492-8811
全体情報 幼児教室 保育部 託児部 郊外学習 課外講座 問題集販売 お問い合わせ お役立ち
高嶋喩先生 園長先生からのお話先生方からのアドバイス受験をお考えのご両親へぬりえ・迷路WEB絵本
企画・構成・制作…蔵書房  発刊…京都幼児教室  冊子「幼稚園・小学校受験をお考えのご両親へ」より

●座談会
志望校に合格できた最大のポイントは、
先生方の指導法に親が全面的に信頼できたことです。

同志社、立命館、ノートルダム学院、京都女子大附属、京都教育大学附属、京都文教短大付属、聖母学院、光華などの人気校に圧倒的な合格実績をもつ京都幼児教室。どんな指導をしているのか、京都幼児教室にお子さんを通わせたお母さん方に語っていただきました。

出席者(発言順)
 T.Mさん。 ノートルダム学院小学校合格。
 Y.Aさん。 京都女子大附属小学校合格。
 T.Hさん。 同志社小学校合格。
 S.Yさん。 ノートルダム学院小学校合格。
 H.Sさん。 立命館小学校合格。
  司会(蔵書房編集部) 

高い合格実績と先生方への信頼性を評価しました

―― 小学校受験は幼児教室次第といわれていますが、
     京都幼児教室にお子さんを預けられたきっかけからお聞かせください。

T.M 私の場合、知り合いから薦められました。その方もお子さんをこちらの教室に通わせてノートルダムに合格されました。ノートルダムに行かせたいのならここがいいと‥‥。

―― 受験したのは1校ですか?
T.M はい。熊本先生からは「大丈夫だから」とアドバイスをいただいておりました。ノートルダムには毎年50~60名もの合格者を出している教室ですから、安心していました。落ちるということは考えていませんでした(笑)。

―― T.Mさんは1歳からお子さんを預けていますが、
     5歳からでもよかったのではないですか?

T.M ええ。とくに1歳からお世話にならなければならないという理由はありませんでした。でも、実際に1歳から通わせてみると、娘がどんどん成長していく様子が目に見えてわかりました。それに私立に行かせたいけれど無理はさせたくないと思っていましたので、できるだけ早めにお世話になるつもりでした。お陰様で受験に際してはほとんど無理をさせることなく志望校に入ることができました。

―― Yさん、京都女子大学附属小学校を志望した理由は何ですか?
Y  子どもが3人おります。6歳5歳の女の子と1歳の男の子ですが、今年長女の受験の段階で考えたとき、3人を私学に行かせるとなると、大変ですから(笑)。それに女の子ですから京女がいいかなと‥‥。

―― 幼児教室をどこにするか、迷わなかったですか?
Y  幼稚園の年中から、こちらにお世話になりましたが、最初は幼児教室をどこにするかはいろいろ迷いました。最終的に京都幼児教室に決めたのは、京都では一番古い幼児教室で信用があるということと、京女に安定的に非常に多くの合格実績があるという点を重視しました。私どもの場合、準備期間が1年間しかありません。それに、年齢相応に育ててきたつもりですが、下2人の子の世話もあって、受験のための準備は何もしていなかったのです。短期間に合格レベルに引き上げていただけるとなると、合格実績をもち経験豊富な先生がいる教室のほうがいいと考えました。京女のほかに1校を受験していますが、幸い両方とも合格しました。


子どもの個性を上手に伸ばしてくれました

―― T.Hさんは、何校受験しましたか?
T.H 立命館とノートルダム、同志社の3校を受けました。ノートルダムと同志社は合格しましたが、立命館は追加合格でした。私は仕事を持っておりますので、子どもは1歳から京都きらら学園の毎日保育コースにお預けして、3歳のときから京都幼児教室で受験指導を受けています。小学校受験は母親次第といわれていますが、私どもの場合、全面的に京都幼児教室に任せきりでした(笑)。

―― Sさん、同志社、立命館など新しい小学校が相次いで誕生しましたが、
    学校選びに迷いませんでしたか?

S  ええ。最初は迷いました。通いやすいかどうかで考えると、自宅からは、同志社も立命館もノートルダムも地下鉄で乗り換えなしで通えます。3校ともそれほど大きな違いはありませんでしたが、学校説明会やいろいろな行事に参加した結果、ノートルダムに決めました。受験したのはノートルダム1校だけです。私どもの場合も、年少のときからこちらにお世話になっておりますが、最初から子どもを見ていただいた先生からは、子どもの体調さえ気をつければ大丈夫とおっしゃっていただいていました。

―― どんなお子さんですか?
S  もともと好奇心が強く、新しいことは何でも知りたがるというタイプです。それにものおじしない性格です。でも、一人っ子ですから、集団行動には慣れていませんし、その点が気がかりでしたが、子どもの個性を上手に伸ばしていただけたと思います。

―― Hさん、京都幼児教室を選んだきっかけは何でしたか?
H  受験する前年の6月だったと思いますが、こちらが同志社・立命館コースを開講されたのを知り体験授業を受けました。授業を拝見し、先生方のお話をお伺いして、こちらなら安心して預けられると確信しました。

―― 別の幼児教室の体験授業は受けていないのですか?
H  はい。ほかの教室を探す必要はないと思いました。

―― 受験したのは何校ですか?
H  立命館小学校だけです。

―― うまくいかなかったら、どうするつもりでしたか?
H  教室の諸先生方のお話をお伺いし、全面的にお任せして間違いないと思いました。子どもにも、試験を受けてうまくいかなかったら、この学校には入れないと言い聞かせておきました。「僕、わかっているよ」って言ってました(笑)。

京都幼児教室は、0歳児の親子教室をはじめに、知能開発から、幼稚園受験、小学校受験まで、「パーフェクトを求めるのではなく、一歩でも伸びたということを子ども自身がわかる教育」を重視した指導を行う教室。0歳から入室可。週1回~
幼児教室:概要ページ





























京都きらら学園は、「動きとことばとリズムを基調とした、全日制保育の形式をとる園。「知・情・体」の三位一体総合教育を日常の活動とする。0歳から入園可。標準保育時間は9:30~17:30。給食、バス歓迎、延長保育も可。

保育部:概要ページ


1ページ目 2ページ目へ 3ページ目へ

●座談会 インタビュー 幼児教室代表に聞く

一覧のページへ ページ上部へ戻る